ロープを登る3匹のネズミたち―ネズミを探せ!―

スポンサーリンク

ニューヨークの街とネズミ

ニューヨークでは色々なところにネズミが出るという話をよく聞きます。

実は、地下鉄のホームでたまに走っているネズミを見たことがありますが、あまり大きなものは見かけたことがありません。しかし、調べてみたところ、ニューヨーク市内にはなんと、市民の数と同じかそれ以上の数、およそ800万匹以上のネズミがいるというデータもあるそうです。

病気を持っているネズミもいるため、その数を減らすために様々な施策が施され、社会問題にもなっているとのこと。

友人は、猫ほどの大きさのネズミを見たことがあると言っていました。昔からニューヨークに住んでいる方からは、数十年前のセントラルパークは、なんとゴミとネズミだらけの公園だったと聞きました。今の美しいセントラルパークからは想像できないですよね。ひぃぃぃ。

良くも悪くも、ニューヨークのある意味シンボルともいえる「ネズミ」!

なんと、先日道を歩いていたところ、ビルの空中のロープから建物に侵入しようとしているネズミを発見しました。

ビルの上に突然出現する3匹のネズミ!

レキシントンアヴェニューを北へと歩いていくと、42丁目にさしかかったあたりにグランドセントラル駅があります。

グランドセントラル駅

そのレキシントンアヴェニュー沿い、42丁目と43丁目の間にある駅の入り口のあたりで立ち止まって上を見上げてみてください。駅のとなり(北側)に、Graybar Buildingというビルがを見つけることができるでしょう。その入り口の上の屋根にある3本の鉄のロープが見えるでしょうか。

IMG_8204

見上げてみると・・・

IMG_8206

ロープを上るネズミの姿が!!!??

IMG_8215

!?

ビル内に侵入しようとしている・・?

雨よけ用の天蓋を支えている3本の支柱の上を登ろうとしているネズミを発見することができました。

鉄で作られているネズミは、円すい形のネズミよけと向き合っていて、これ以上登ることができないようにされています笑

なぜ、このような面白いデザインをとり入れたのでしょうか?めちゃくちゃ気になる!というわけで、色々と調べてみました。

船をイメージした建物

このロープを走っているネズミが見られる「Gyanbar Building」というビルは、1927年にオープンした建物。このビルは、当時、世界で最も大きいオフィスビルでした。

この3本の支柱は、船が停泊するために用いられるロープを模してデザインされたというのです。

というのは、1920年代の当時のニューヨークは、港の拠点として大変な賑わいをみせていたから。そこで、建築家は海のイメージとねずみをデザインに加えることを選択し、Gyanbarビルを建築しました。

このネズミたちは、船のロープを伝って船の中に入ろうとしているけれど、ネズミ返しによって侵入を防がれている、というわけです。なるほど。このようなストーリーがあったのですね。

さらに、このネズミが登っている先の、円形の装飾が見えるでしょうか。カメラの画質&撮り方がへたくそで全然見えないかもしれないですが・・・

グランドセントラル駅

この円状の装飾、バラの花など、花のモチーフではありません。実はよく見てみると、一つ一つがネズミの頭の形をしているのです!

これは、船の丸い窓から、船内をのぞいているネズミをイメージしてデザインされたもの。船内に入ろうと必死なネズミたちを防いでいる様子を、ビルの正面玄関に見事に再現しています。

ネズミ行方不明事件

実は、過去にこのビルの歴史上、不思議なことが起こったそうです。3匹のうち、突然1匹がいなくなってしまったのです。その原因は不明。

2000年に行われた修復工事の際に新しいネズミが据えられ、現在は3匹のネズミがそろい、建築当時の状態が保たれています。

このネズミのファンたちの間では、消えた1匹のネズミはネズミ返しをみごと攻略し、船の中に侵入することに成功したのではないかと信じられているそうです。

まとめ

普通に歩いているだけではなかなか気づくことができないこのネズミたち。見つけた時はウォー○ーをさがせ!みたいで嬉しかったです。

そんなネズミたちが建築にとり入れられているのも、建築当時の時代背景や建築家の方の思いがあったということが分かりました。

当時の港が賑わっていたころのニューヨークを想像せずにはいられません。侵入を試みるネズミたちと、船員さんの終わりなきバトルが繰り広げられていたのかな・・・と思ったり。100年たった今も、ネズミとニューヨークの関係が変わっていないというのがまた面白いですね。

ぜひ、ビルの中にも入ってみたいです!

グランドセントラル駅のすぐ近くにあるので、近くを通りかかった時には

ちょっとだけ見上げてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク