[まさかの結果]ニューヨークのリスは冬眠しているのか・・・!?

スポンサーリンク

ニューヨークの公園にはリスが生息しており、暖かい季節にはたくさんのリスが公園内を活発に走り回っています。

何の因果かリスに絡まれることも多く、その動向をつい見守りたくなってしまうのです。

このサイトでも複数回にわたってリス情報を書いてきましたが、秋~冬のリスは冬に向けて一生懸命準備しているのだろうな、と思うくらいのどんぐり類の詰め込みっぷりを見せていました。

いよいよ紅葉が始まったセントラルパーク!リスも冬支度
いよいよ紅葉が始まったセントラルパーク!リスも冬支度
長い間ニューヨークに住んでいる方々に一番のおすすめの場所は?と聞くと 必ず、「セントラルパーク!」という答えが返ってくるほど、多く...
セントラルパークの紅葉はピークに。リスも本気モード
セントラルパークの紅葉はピークに。リスも本気モード
いよいよセントラルパークの紅葉がピークを迎えようとしています。 先週末、セントラルパークにピクニックへ出かけました。 お金をかけなく...
http://mid-manhattan.net/madison-square-park/

12月に入ったころには土の穴倉にも食料を詰め込む姿、口いっぱいにナッツ類を詰め込む姿がよく見られたので、てっきり彼らは冬眠するものだと思っていました。

しかし、彼らは本当に冬眠しているのでしょうか。

そのことが気にかかっていたので、街を歩いているときにはついついリスがいるかどうか注意して見ていました。

その結果、意外な事実が分かったのです!

その1 マディソンスクエアパークにて

マディソンスクエアパークを散歩していた時、お尻をぷりぷりさせながら猛ダッシュする何かをとらえました!

IMG_1318

しり

2月の寒い日でしたが、マディソンスクエアパークのリスは起きていました。

地上で活動しているリスの個体数は、暖かい時に比べ非常にに少ないですが、何匹かのリスが元気よく活動しています。

IMG_1321

よいしょ、よいしょ

この近くに人気ハンバーガーショップ・シェイクシャックがあるのですが、ここのリスたちがお客さんの落としたポテトや、もらったバーガーの一部を食べたり持ち去る姿を目撃したことがあります。栄養状態も他のリスたちに比べてよいのかもしれません。でも明らかに脂質や塩分とりすぎなので成リス病にならないか心配です。この穴の中にはゲットしたポテトも埋まっているんじゃないかと思ってしまいます。

IMG_1322

一仕事終えて一息

その後ベンチで休憩していたのですが、もう一匹のリスが元気よく走りまくっていました。

IMG_1901

少しぼーっとしていたところ、気がついたら座っているベンチに登ってきて、ベンチに置いてあるカバンの上に登り、超至近距離でめっちゃこっちを見てきたのです。あれには驚きました。かじられなくてよかったよ・・・。

IMG_1900

座っていたベンチから離れてリスを撮影してみました。が・・?写真をよく見てみると・・・・・・

IMG_19001

!?!?!?!?

奇跡!!笑

シュールすぎる。

その2 極寒のセントラルパークにて

2月14日、100年ぶりのバレンタイン大寒波到来により、ニューヨーク中も、セントラルパークも氷漬けになった週末。

http://mid-manhattan.net/frozen-centralpark/

この日、セントラルパークへと足を延ばしましたが、まだ溶けていない1月末の大雪の残りの山から動く物影をとらえました。

IMG_2018

こんなに寒いのにいましたね!

IMG_2019

何か食べながら、ダッシュで走り去っていきました。

IMG_2020

すたたたたた

この日は体感温度-20℃を下回る極寒の日だったこともあり、このリス以外のリスを公園内で見かけることはありませんでした。

その3 クイーンズの誰かの家の木

記録的な大雪が降った1月末に、クイーンズ区で友人に会ったのですが、民家の木にもリスがたくさんいて活動していました。

IMG_0972

ひょっこり

IMG_0953

面白かったのは、このリスは自分のしっぽを最大限利用して体を覆っていたところ。

IMG_0963

こっち見んな笑

その態勢、首が痛くならない?

リスの中にも冬眠しない種類のリスもいるそうな

このニューヨークの公園などに生息しているリスは

トウブハイイロリス」という種類のリスだということが分かりました。

IMG_53111

っしゃああああああ

自己紹介いくぜぇぇぇぇえええええ

トウブハイイロリス
哺乳綱・ネズミ目(齧歯目)・リス科・リス属
原産 北アメリカ
生息環境 樹上性・森林地帯
冬眠 しない

トウブハイイロリス(東部灰色栗鼠、Sciurus carolinensis)は、に分類されるリスの一種。原産で、イギリスなどにも外来種として定着している。

樹上性のリスで、樫の木の穴などで暮らす。冬季に地中に食料を貯蓄するが冬眠はしない。

イギリスでは約250万頭が生息している在来種のキタリスを駆逐しているほか、農作物や自然植生に被害を与えている。

世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

日本でも定着する可能性は十分にあるため、外来生物法により本種を特定外来生物に指定し、飼育などを禁止する予防策を講じている。

(wikipedia)

侵略的外来種ワースト100・・・。

調べてみた結果、「樹上性」のリスは、冬に冬眠することはないということが分かりました。

ニューヨークのリスは、樹上性のリスだから冬眠しないということですね。

一方、地上性のリス「地リス」は冬に冬眠します。

IMG_1336

こちらは、カナダにいたリス氏。地リスです。こやつは地上性だから冬眠するのですね。

IMG_1466

まとめ

リスはみんな冬眠するものだと思っていましたが、冬眠するリスとしないリスがいるということが分かりました。

生きているとまだまだ知らないことがたくさんありますね。

ニューヨークの公園に住んでいるリスは、冬眠しない。

暖かい季節に比べて、見かける個体数が少ないのは、木の上などでじっとしているからでしょうか。

ニューヨークの寒さはピークを過ぎ、これからはどんどん暖かくなってくるでしょう。

また元気に走りまわるリスたちの姿が見られるのもそう遠くないと思います。

ニューヨークの春、待ち遠しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク