ツッコミどころ満載。衝撃的なメリーゴーラウンドの動物たち

スポンサーリンク

ニューヨーク、マンハッタン島には色々なところにメリーゴーラウンドがあり、子供たちが喜んで乗っている姿を見かけます。

有名な場所だと、セントラルパークや、ブライアントパークなどで見かけることができます。

英語では、メリーゴーラウンドは「CAROUSEL」(カルーセル)と呼ばれていて、ニューヨークでも子供たちに大人気。

さて、メリーゴーラウンド乗り物と言えば、馬や白馬やペガサスや馬車など、「馬」がメインというイメージがあるのはないでしょうか。

しかし!先日ハドソン川沿いを走っていたのですが、その道中で、今まで見たことがない、メリーゴーラウンドの常識を覆す衝撃的なメリーゴーラウンドを発見してしまいました。

発想がななめ上すぎて、なんだかもうどう突っ込んでいいか分からず、しばらく笑って動けなかったです。

とりあえずツッコミどころ満載だったため、写真を撮ってきたので時間がある人は見てみてください。

そのメリーゴーラウンドは、PIER62という場所に突然出現いたしました。

実はこの日は、メリーゴーラウンドがお休みの日だったので、無人でした。そこで、何気なく横目で乗り物を見たのですが、二度見してしまいました。

IMG_5019

一見普通のメリーゴーラウンドに見えるけれども・・・?

ツッコミどころ満載の動物たち

この鳥は一体・・・?

IMG_5021

一体何鳥なんでしょうか。それぞれの動物の名前が、乗り物の上に書いてあるのですが、写真を撮っているときには気が付きませんでした。

鳥を忠実に再現するにもほどがあります。そして、目つきが多少怖い気がするし。子供が乗る場所にかけられている布?のようなものには謎のヒマワリのししゅうのような柄が。くちばしの上にある赤い物は一体何なんだよぉぉぉ(岡田あーみん先生風)。

サメ? アライグマ

ニューヨーク メリーゴーラウンド

メリーゴーラウンドに水の生き物が登場しました。何の魚でしょうか、これは。体の色の光り具合がものすごく凝っています。

奥には、何ともかわいいアライグマ。シマシマのしっぽがチャームポイント。って、アライグマのメリーゴーラウンドも初めて見たわ!

熊、ウサギ、タツノオトシゴ

ニューヨーク メリーゴーラウンド

この熊、完全に怒っていらっしゃいますよね。凶暴まるだしのメリーゴーラウンド。新しいです。

ウサギは、チョイス自体は、かわいいし子供も好きだからよいのではないかと思いましたが・・・

何か、目が・・・リアルです。

そして、タツノオトシゴ・・・!?ロケットのようなものの先端にタツノオトシゴが二匹。シュールすぎます。陸も、海中も関係なし。

その前にいるヘビのようなウナギのような生き物は何なんでしょうか。

鹿、ヘビ、ウナギ、カメ

IMG_5026

白いしっぽのしか。これは、まあ、分かる。

問題は真ん中の乗り物である。

流木に、ヘビ???しかも巻き付いている・・・。ひぃぃ

カメは乗り心地よさそう。

コヨーテ、タツノオトシゴ、熊、ゴマちゃん

ニューヨーク メリーゴーラウンド

手前は、コヨーテ!

奥の熊は先ほどの熊とはうってかわってとてもごきげん。落差激しすぎ!

コヨーテの前にはアザラシらしきしっぽが見えますが、なんとふたごのゴマちゃんがはさまっていました笑

かわいいいいい。

芸が細かい!

IMG_5030

なんともいえない表情が哀愁を誘います笑

メリーゴーラウンドの概要

何でこんなユニークな動物たちをメリーゴーラウンドにしたんだろうと気になったので、ハドソンリバーパークの公式HPを見てみました。
すると、公式HPには、このように説明がありました。

チェルシー、ハドソンリバーパークの動物たちのカルーセルに乗ろう!あなたのお子さんは、「ありがとう」と言うでしょう。

36フィートのカルーセルには、33種類の手で掘られた、木彫りのハドソンリバーバレー沿いの動物たちや、1つの馬車があります。一度に36人の乗客を乗せることができます。

(公式HPより)

この動物たちは、ハドソンリバーバレーに住んでいる動物たちをモチーフにデザインされているということですね。そして、ひとつひとつ木を彫って作られているとのこと。

ということは・・・

ハドソンバレーにはウナギやコヨーテや、アザラシや、タツノオトシゴ住んでいるということになるのでしょうか・・・?タツノオトシゴも・・・?

まとめ

なんでこんなおもしろい動物を乗り物にしているんだろうと思って調べてみると、実は、このメリーゴーラウンドはハドソンリバーと深い関係のある動物たちを乗り物にしているということが分かりました。木彫りで手作りというところも素晴らしいですね。初めはツッコミどころ満載すぎて笑ってしまいましたが、そのわけを知ったらなんだかとってもほっこりしてしまいました。

次回は動いているところを見てみたいです。

ツッコミどころが満載ながらも、細かいところまでこだわって作られていた動物たちを見ると、作り手の愛を感じることができました。あまりの発想に、笑ってしまったけれど。

ぜひ、お子さんがいらっしゃる方はニューヨークの思い出に、ツッコミどころ満載、とってもユニークなメリーゴーラウンドに乗せてあげてはいかがでしょうか。

場所 PIER62(HUDSON RIVER PARK内)

公式HP⇒Carousel At Pier62 IN Chelsea

地図や詳細が載っています。

時間

平日:11時~19時、週末11時~20時

地下鉄C・Eライン(23St駅)

バス M14 M23

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク