ニューヨークでシナボンを発見してしまった!

スポンサーリンク

私はシナボンが大好きである。

シナボンとは、1985年に米ワシントン州・シアトルで誕生したシナモンロールのお店。
誕生当初はCinnabon® Classic Rollシナボンクラッシックロールのみの提供。その後ブランドは劇的に成長し、現在世界56カ国約1,100店舗を展開しています。
こだわりのシナモンロールは、Cinnabon®シナボンのためだけに特別に栽培・精製されたシナモン”マカラシナモン”を使用し、ゲストの目の前で生地づくりから焼き上げまで行っております。
 HPより引用

10年ほど前、地元にシナボンの店があって、焼き立てのシナモンロールを食べた時の幸せ感はそれはもう、言葉では言い表せないくらいのものだったのです。

惜しげもなくたっぷりと使われたシナモン、もちもちの生地、そしてコクのある

クリームチーズ・・・

想像しただけで
ご飯3倍はいけますな。

しかし、無情にも地元のシナボンは撤退してしまいました。

本当に悲しかった・・・涙ちょちょぎれですよもう。

日本では関東圏で最近復活を遂げたそうで、東京駅や羽田空港などで買えるようになったということで、シナボンファンにとってはうれしいニュースでしたよね。

ニューヨークに引っ越してきて、本場アメリカだし、シナボンが食べられないかな?と思い、色々と検索してみました。

郊外にはきちんとした店舗が何件かあるそうですが、

マンハッタンでは、ポートオーソリティバスターミナルにあった店舗が閉店したとのこと。

私の探し方が悪いのか、結局インターネットでは店舗は見つかりませんでした。

しかし、諦めかけていた先日、道を歩いていたところ、見覚えのある看板が・・・!
IMG_3381.JPG

CINNABONですと!?

場所は、34St・Broadwayの交差点にあるMacy’sというデパート沿いの通り。
とても小さな看板なので、気づかずに素通りしてしまうくらい。
迷わず、ドアを開けると、地下への階段が!
お店は、バーガーキングのお店で、そのメニューの一つとしてシナボンが売っているというものでした。

種類は、シナボンクラシックと、カップに入った小さなシナボンの2種類。
ついに、念願かなってシナボンを買うことができました!!!
IMG_2943.JPG
IMG_2944.JPG
10年ぶりの再会!
IMG_2947.JPG
10年ぶりにシナボンが食べられて幸せでした。
思い続けていれば、願いは叶うんですね

まとめ

ニューヨークではシナボンを買えるお店がある
あきらめたらそこで試合終了だよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク